ホーム > 治療内容
ピックアップ 歯を失ってお困りの方に あなたの歯と歯肉は健康ですか?
 ・ 一般歯科
虫歯の進行と症状
 ・ 補綴
 ・ 小児歯科
 ・ インプラント
 ・ 審美歯科
 ・ ホワイトニング
 ・ バネなし義歯
 ・ 矯正歯科
 ・ PMTC
 ・ 予防歯科
 ・ フッ素塗布
 ・ 口腔外科
親知らずについて
 ・ 歯周病治療
 ・ 根の治療
 ・ 知覚過敏
 ・ 歯軋り
 ・ 口臭

知覚過敏

【知覚過敏症とは】
虫歯ではないのに歯の神経(歯髄)が一時的に感じやすくなってしまい、歯磨きの時に痛みを感じたり、特に冷たいものが凍みてしまうことです。
大臼歯断面図 前歯断面図
大臼歯断面図 前歯断面図
【知覚過敏のメカニズム】
象牙質部分の微細構造は象牙細管と呼ばれるストローのような構造になっていて、そこに神経線維の先端が入りこんでいます。そのため、外からの温度刺激が象牙細管を通って神経に伝わり痛みとして感じます。
通常象牙質は、エナメル質やセメント質に覆われていますが、様々な原因でエナメル質やセメント質の破折・脱落が起こり無くなってしまいます。すると前述のように凍みてしまうのですが、時間とともに象牙細管が封鎖され凍みなくなってきます。この象牙質の封鎖が不完全であると知覚過敏となります。
歯の構造 象牙細管
歯の構造 象牙細管
*この図では、下が歯の先端になります。
【原因】
歯の摩耗・咬耗、歯ぎしり、歯周病・過度の歯磨き等による歯肉退縮、これらによる象牙質の露出によっておこる場合、虫歯の治療や歯石除去やホワイトニング後に神経が一時的に刺激されおこる場合があります。
歯肉退縮 磨耗・咬耗
歯肉退縮 磨耗・咬耗
歯肉が下がって歯根が露出している。 歯の根元がえぐれている。先端の黒っぽい部分が擦り減っている。
【治療法】
塗り薬や詰め物による象牙細管の封鎖、歯ぎしり・歯周病の治療、適切な力での歯磨き、知覚過敏用歯磨剤の利用です。
知覚過敏は一時的に神経が過敏になっている一過性の症状ですので、神経の安静状態が得られれば落ち着いてきます。
もしいつまでも落ち着かない時には、神経が歯髄炎を引き起こしているので、神経を取る処置が必要になります。
当クリニックで販売している 知覚過敏用歯磨き粉です。 システマセンシティブ商品写真
システマセンシティブ ロゴ
詳しくは、ライオン歯科材株式会社 システマセンシティブのページをご覧下さい。
ご注意下さい!!
原因が何であるかは、歯科医に診察してもらう事が重要です。
見た目では何ともなくても虫歯であったり、歯牙の破折や歯周病が原因の凍みる痛みである場合もあるからです。

▲ このページのTOPへ