ホーム > 治療内容
ピックアップ 歯を失ってお困りの方に あなたの歯と歯肉は健康ですか?
 ・ 一般歯科
虫歯の進行と症状
 ・ 補綴
 ・ 小児歯科
 ・ インプラント
 ・ 審美歯科
 ・ ホワイトニング
 ・ バネなし義歯
 ・ 矯正歯科
 ・ PMTC
 ・ 予防歯科
 ・ フッ素塗布
 ・ 口腔外科
親知らずについて
 ・ 歯周病治療
 ・ 根の治療
 ・ 知覚過敏
 ・ 歯軋り
 ・ 口臭

歯周病(歯槽膿漏)について

【歯周病(歯槽膿漏)とは?】
放っておくと、歯を失ってしまう歯肉等の病気で、現在では生活習慣病のひとつです。
歯周病という言葉の通り歯の周りの組織、歯周組織の病気です。
歯周組織は図のように、歯肉・歯槽骨・歯根膜・セメント質(含める場合もある)の事をいいます。ここが病的な状態になった時に歯周病と呼びます。
歯の構造 画像をクリックすると拡大されます。
歯周病の程度に応じて、歯肉炎歯周炎とも呼びます。この区別は、歯肉炎は歯肉に炎症があるだけで、歯槽骨が吸収していない状態です。歯周炎は歯肉に炎症があり、歯槽骨の吸収を伴っている状態です。歯槽膿漏は歯周炎でさらに膿をもった状態です。
ですから歯槽膿漏は、歯周病の中のひとつの病態の名前なのです。ただ広く皆様に浸透している名前なのでよく使われています。
歯肉炎(軽度歯周病)
歯肉炎(軽度歯周病) 歯と歯の間、歯と歯肉の境目に炎症が認められる。歯槽骨(レントゲンで歯の根と根の間の白い部分)の吸収は認められない。
歯周炎(中等度歯周病)
歯周炎(中等度歯周病) 歯肉に腫れが認められ、赤味が増している。歯槽骨(レントゲンで歯の根と根の間の白い部分)の吸収が半分くらい認められる。
歯槽膿漏・重度歯周炎(重度歯周病)
歯槽膿漏・重度歯周炎(重度歯周病) 歯肉がだいぶ下がってきている。排膿を認める。歯槽骨(レントゲンで歯の根と根の間の白い部分)がほとんど吸収している。
【なぜ歯周病になるの?】
原因は主に、歯の周りの汚れによるもの噛み合わせによるもの全身的疾患やその他によるものがあります。
  • 歯の周りの汚れによるもの
    図のように、歯と歯肉の境目(歯周ポケット)は大変汚れ(食べカス・歯垢)が溜まりやすい所です。この汚れ(食べカス・歯垢)を元に歯周病菌が繁殖し歯石をつくります。するとまず歯肉に炎症が起こります。この状態が歯肉炎です。(図の左の歯の左半分の部分 歯肉炎)
    さらに進行して汚れ(食べカス・歯垢)と歯石が増えると、セメント質が壊され、歯根膜が消失していきます。すると歯周ポケットがだんだん大きく深くなっていきます。そして歯槽骨が吸収されていきます。(図の左の歯の右半分の部分 歯周炎)
    進行すればするほど歯のぐらつき(動揺)がおおきくなってきます。この状態で体力の低下すなわち身体の抵抗力の低下が起きると、歯周病菌が優位に繁殖し腫れと膿が出始めます。(図の右の歯 歯槽膿漏)
    歯槽膿漏
  • 噛み合わせによるもの
    歯並びが悪いと汚れ(食べカス・歯垢)が溜まりやすくなり、前述のように歯周病になりやすくなります。
    歯ぎしりや強い噛み締め(食いしばり)がある場合、歯根膜に負担がかかります。この歯根膜は車のサスペンションの役割をしているのですが、過度に力が加わると歯根膜腔(歯根膜の幅)が広がり、歯槽骨が吸収し始めます。そして歯肉も炎症をおこすようになります。これも歯周病のひとつである咬合性外傷です。
  • 全身的疾患やその他によるもの
    糖尿病や高血圧のような全身疾患があると歯肉が炎症をおこしやすくなります。また喫煙により歯肉の抵抗力の低下がおきます。健全な人でもお口の中にはたくさんの歯周病菌が存在しております。しかし、歯周病菌が繁殖しないように抑えているのです。免疫力・抵抗力が低下すると歯周病菌が繁殖し歯肉の炎症が起こります。
【検査】
歯周病の検査には様々なものがあり、それらを総合して歯周病の診断をします。主な検査は、以下の通りです。
  • 歯肉の色や形態
    歯肉の色が赤味を帯びていないか、腫れて膨らんでいないか等を調べます。
  • 歯周ポケットの測定
    糖歯と歯肉の境目にある隙間の深さを、プローブ(ポケット探針)で測ります。
    正常値は、2mm以下。 歯肉炎・歯周病では、3〜6mm。 重度歯周炎では、6mm以上あります。プローブで触る事により、根の形・歯石の付着状況もわかります。
    歯周ポケットを測定する事により、歯がどれだけしっかり付いているか(歯周組織と付着)わかります。
    プローブで測定01 プローブで測定02
    プローブで測定
    実際にプローブで測定している写真 実際にプローブで測定しているレントゲン
    実際にプローブで測定している写真とレントゲン
  • レントゲン撮影
    レントゲンにより、歯槽骨の吸収の有無・根の形・歯石の有無・歯根膜の状態がわかります。
    歯槽骨の正常なレントゲン 歯槽骨(歯と歯の間の白い部分)の吸収も認められない。
    図 正常なレントゲン
    重度の歯周炎のレントゲン 多数の歯を失っている。歯槽骨(歯と歯の間の白い部分)の吸収が認められる。
    図 重度の歯周炎のレントゲン
  • 動揺度測定
    歯のぐらつきを調べます。ぐらつく度合いによって 0〜3 度に分類されます。
  • 歯肉の出血検査
    歯周ポケット測定した時の出血で判定します。正常な状態では出血しませんが、歯周病の場合では容易に出血します。
  • 歯垢・歯石の付着状況
    歯垢・歯石の付いている所を記録します。
  • その他
    状況に応じて、より詳細な検査を行う場合もあります。
【治療法】
治療には、セルフケアとプロフェッショナルケアの二つがあります。
  • セルフケア(ご自身で行う)
    一番の原因となるのが汚れ(食べカス・歯垢)ですので、お口の中をできるだけ清潔にする事が大切です。そのためには日頃の歯磨きが重要となります。歯磨きの仕方のポイントを御指導させて頂きます。
    また生活習慣病の改善、歯ぎしり・歯の食いしばりの習慣の改善、禁煙や適切な食習慣を心掛ける必要があります。
  • プロフェッショナルケア(歯科医師・歯科衛生士が行う)
    歯に付着している歯垢・歯石を取り除きます。歯石は固くしっかりと歯に付着していますので、専用の機械・器具を用いて行います。
    そして歯の表面の着色を落とし、表面を滑沢に磨きます(PMTC)
    軽度の歯周病では、これで改善していきますので、引き続き歯磨きを続けて頂きます。
    中等度から重度の歯周病の場合は、更に深くなった歯周ポケットの中の歯石を取り除いていきます。
    またぐらつく歯の固定や、歯周病菌に冒された歯肉を掻爬(ソウハ:取り除く事)する歯周外科処置を行います。
    ■術 前 歯周病_術前 歯と歯の間に汚れ(歯垢・歯石)が見える。歯肉が赤く腫れ上がって、丸く膨らんでいる。
    ■術 後 歯周病_術後 適切な歯磨きと汚れ(歯垢・歯石)を取り除き、健全な状態になり歯肉が引き締まっている。また歯肉の色も薄いピンク色になっている。
PMTC よく歯磨きをされている方(歯石等の付着の少ない方)にも・・・。
歯の表面には、バイオフィルムという膜が付着してきます。このバイオフィルムは細菌の巣になる膜で、通常の歯磨きでは落とす事ができません。またこのバイオフィルムがある事で歯周病や虫歯の原因になります。
そこで PMTCProfessional Mechanical Tooth Cleaning = 専門家による機械的な歯の清掃)を行う事によってバイオフィルムを除去します。通常2〜3か月毎にPMTCを行うのがより効果的です。
詳しいPMTCについては、こちらのページ(PMTCをご覧下さい。
【予防法】
  1. 歯磨き
    理想は何かを食べたら磨くです。汚れを口の中に残さないようにする。歯ブラシだけでなく、フロス(糸)や歯間ブラシを用いるとより効果的です。歯ブラシ後の洗口剤の使用も効果的です。
  2. 生活習慣病の改善
    生活習慣病は免疫力の低下を引き起こしますので、できるだけ改善する事が望ましいです。
  3. 適切な食生活
    偏食では歯肉の抵抗力が弱くなります。きちんとした食生活を心掛けましょう。
  4. 禁煙
    タバコによる着色によって汚れが付着しやすくなります。また喫煙によって血管が収縮することによって免疫力の低下にもなります。できるだけ禁煙することをお勧めします。
  5. 歯ぎしりや歯を食いしばる事を防ぐ
    歯ぎしりや歯を食いしばる事によって歯周病(咬合性外傷)が起こります。ナイトガート(マウスピース)の使用や食いしばる習慣をやめるようにしましょう。
  6. 定期検診と清掃
    歯周病の進行ぐあいのチェック、歯に付着した着色や歯垢・歯石の除去を行います。
    そして PMTC を行います。
    どんなに一生懸命磨いても100%磨くのは、我々歯科医療従事者でも難しい事です。

    定期的(2〜6か月毎)に歯科医院にて汚れを落としてもらいましょう。

▲ このページのTOPへ