ホーム > 治療内容
ピックアップ 歯を失ってお困りの方に あなたの歯と歯肉は健康ですか?
 ・ 一般歯科
虫歯の進行と症状
 ・ 補綴
 ・ 小児歯科
 ・ インプラント
 ・ 審美歯科
 ・ ホワイトニング
 ・ バネなし義歯
 ・ 矯正歯科
 ・ PMTC
 ・ 予防歯科
 ・ フッ素塗布
 ・ 口腔外科
親知らずについて
 ・ 歯周病治療
 ・ 根の治療
 ・ 知覚過敏
 ・ 歯軋り
 ・ 口臭

口腔外科

主に親知らず等の抜歯や膿の塊の除去を行います。 極力腫れずに痛くならないような治療法を用いて行っております。
重度や特別な疾患等については、連携専門病院(草加では草加市立病院、他では春日部市立病院東京医科歯科大学日本大学等)を紹介致します。

親知らずについて

【親知らずってなぁ〜に?】

第3大臼歯(下図参照)のことをいいます。真ん中の前歯から数えて8番目にある歯で、我々歯科では別名「8番」と呼んでいます。
1・2番目を切歯、3番目を犬歯、4・5番目を小臼歯、6・7・8番目を大臼歯と呼びます。
萌出(出てくる)時期は、第1大臼歯が6歳(いわゆる6歳臼歯)、第2大臼歯が12歳頃です。第3大臼歯(親知らず)の萌出は、一般的には18〜22歳頃で、ごくまれに30・40歳代で出てくる事もあります。
親知らずの名前の由来は、親が亡くなってからとか、親が子の口の中に関心が無くなってから生えてきたためと言われています。また別名「智歯」とも言われ、これは成人になってかなり知恵がついてから生えてきたためと言われています。

永久歯歯列
永久歯歯列
【痛むのはなぜ?】
  1. 虫歯
    虫歯の進行による痛みです。
  2. 智歯周囲炎
    親知らずの周りに汚れが溜まる事により、歯肉が細菌感染により炎症をおこすことです。
  3. 萌出途中
    生えはじめの時、歯肉を押し広げて出てくるので痛みます。また反対側の歯があたって痛む時もあります。
  4. 頬の内側の粘膜が傷になる
    曲がって違う方向に生えてくると、頬の内側の粘膜が傷つき痛みます。
【親知らずが痛む時の処置は?】
  • 腫れと痛みがひどい急性期の場合
    この時期に抜歯を行うと、腫れや痛みがひどくなったり、麻酔が効きにくくなっています。まず薬と消毒で腫れ痛みを抑えます。
    保存可能の歯であれば、そのまま様子をみます。 今後も再発しそうな歯であれば、抜歯をお勧めします。
  • 虫歯の進行による歯髄炎の場合
    痛みを抑える薬を詰めます。症状が収まった所で状況に応じて治療していきます。
【抜いた方がいいのですか?】
  1. 抜かない場合
    きちんと生えていて噛み合っている場合で、かつきちんと磨ける状態であれば抜く必要はありません。
  2. 抜いた方がいい場合
    完全に生えていない時、曲がって生えている時、きちんと磨けず虫歯になっている時は抜いた方がいい場合が多いです。
  3. 女性の場合
    妊娠中に痛くなると、薬も使えず辛い思いをしてしまいます。特に出産時に痛みだしてしまうと、歯を食いしばる事もできなくなります。
    今後痛みが出そうな場合には、事前に抜く事をお勧めします。
抜いた方が良い理由は
現代人の顎の骨の大きさは進化して小さくなってきています。しかし、歯の大きさは昔の人とあまり変わりません。ですから、一番最後に生えてくる親知らずは、スペースが狭く正常には生えてこないのです。
一部分だけ頭を出しているだけであったり、斜めに傾いていたり、顎の中で水平に倒れていたりします。このような状態になると、虫歯・智歯周囲炎・歯並びの悪化・顎関節症の原因となります。
また下の親知らずが正常に生えてこないと、上の親知らずは正常に生えていても、時とともに下がってきて下の歯肉にあたるようになってしまいます。
これらの理由から、本来はなるべく抜かずに残しておきたいのですが、親知らずは残しておいても悪い影響が多いのです。
【抜くのは痛いですか?】

抜く時には麻酔をしますので痛みはありません。抜歯後の痛みは、上と下で違ってきます。
上・下どちらでも抜いた後は傷口になります。触れば当然痛みますし、お口の一番奥にある歯を抜くのですから顎を動かしたり食事をする時に違和感はでます。
痛みに関しては、感じ方に個人差がありますので絶対に痛くないとは言えませんが、通常は痛み止めで十分押さえる事ができます。
  1. 上の親知らずの場合
    一般に上の場合は、腫れる事もまずありませんし、痛みも痛み止めを1回飲むかどうか程度です。
  2. 下の親知らずの場合
    人間の顎は、下の顎が動くようにできています。その動かす筋肉が親知らずの近くにたくさんあります。なので、腫れや痛みに関してはケースバイケースです。但し極力腫れや痛みがでないように、当クリニックでは術前に薬を飲んでもらい抜歯を行っております。
【親知らずの及ぼす影響】
  1. 磨き残しが多くなる
    歯ブラシが届きにくく、また曲がって生えている場合には歯ブラシが届きません。
    そのため虫歯・智歯周囲炎・歯周病になる可能性が高くなります。
  2. 虫歯になる
    汚れが溜まる事によって、虫歯になります。また重要な手前の歯(第2大臼歯)も虫歯になる場合があります。
  3. 炎症をおこし腫れる
    完全に生えていない場合に、周りの歯肉が炎症をおこし腫れてしまいます。
  4. 歯槽膿漏の原因となる
    汚れが溜まる事によって、歯槽膿漏をおこしやすくなります。
  5. 口臭の原因となる
    汚れや膿が溜まり臭うようになり口臭となります。
  6. 歯肉や頬粘膜を噛む
    曲がっていたり歯が伸びてくると反対側の歯肉を噛んだり、頬粘膜を傷つけたりします。
  7. 手前の歯の根を溶かす
    歯が手前に倒れて生えていると、重要な手前の歯(第2大臼歯)の根が溶けてしまう場合があります。
  8. 歯並びを悪くする
    手前の歯を押す事によって、前歯等の歯並びを悪くする場合があります。
  9. 顎関節症になる
    親知らずが顎の動きを阻害する事によって、顎関節症になる場合があります。
  10. 顎の骨折の原因となる
    下の親知らずが顎の骨の中に埋まっていると、そこの部分の顎の骨が薄くなり、外力(転んだ・殴られた等)によって骨折しやすくなる場合があります。
上下の親知らず-1- 上の親知らず 上下の親知らず-2-
上下の親知らず-1- 上の親知らず 上下の親知らず-2-
下の親知らずが斜めに倒れている。手前の歯との間が黒くなっているのが虫歯です。上の親知らずは後ろの方向にはえている。
下の親知らずが無く、噛み合っていないため、上の親知らずが下りてきている。
下の親知らずが斜めに倒れている。レントゲンでは判りにくいが、上の親知らずが下の親知らずに被っている歯茎にあたっている。

▲ このページのTOPへ