ホーム > 治療内容
ピックアップ 歯を失ってお困りの方に あなたの歯と歯肉は健康ですか?
 ・ 一般歯科
虫歯の進行と症状
 ・ 補綴
 ・ 小児歯科
 ・ インプラント
 ・ 審美歯科
 ・ ホワイトニング
 ・ バネなし義歯
 ・ 矯正歯科
 ・ PMTC
 ・ 予防歯科
 ・ フッ素塗布
 ・ 口腔外科
親知らずについて
 ・ 歯周病治療
 ・ 根の治療
 ・ 知覚過敏
 ・ 歯軋り
 ・ 口臭

PMTCについて

【PMTCとは?】
Professional Mechanical Tooth Cleaning の略で、すなわち「専門家による機械的な歯の清掃」ということです。
通常の歯磨きでは落とせない汚れであるバイオフィルムを歯科医もしくは歯科衛生士が機械を用いて落とすことによって、丈夫できれいな艶やかな歯になります。

バイオフィルム
虫歯や歯周病は、口腔常在菌(虫歯は主に Streptococcus mutans、歯周病は主に Porphyromonas gingivalis)が原因で引き起こされます。これらの菌は、歯の表面や歯周ポケット内部のプラーク(歯垢・食べカス)をもとにバイオフィルムという膜を形成します。そしてこのバイオフィルムの中で菌が繁殖していきます。
このバイオフィルムは、通常の歯磨きや殺菌剤等の薬物による化学療法でも落とせません。
【なぜPMTCをやるの?】
バイオフィルムを落とすことにより、虫歯や歯周病になるリスクを軽減できるため、予防効果が高くなります。
また歯本来の白さを取り戻し、歯の表面がツルツルになることによって汚れもつきにくく、歯の質も強く丈夫になります。
【PMTCの手順】
  1. 現在の状態のチェック
    歯垢や歯石が付いていれば取り除き、磨き残しがある部分の歯磨き指導をします。
    現在の状態のチェック
  2. 研磨ペーストの塗布
    歯の表面や歯と歯の間や歯と歯ぐきの境目に研磨ペーストを塗布します。
    この研磨ペーストは、歯を傷めることはありません。
  3. 清掃・研磨
    数種類のブラシやラバーカップに、2〜3種類の研磨ペーストを用いて、歯面を清掃・研磨します。
    清掃・研磨-1 清掃・研磨-2 清掃・研磨-3
    清掃・研磨-4
  4. 洗浄
    歯面や歯周ポケット内を消毒薬入りの洗浄液で洗浄します。
  5. フッ素の塗布
    歯面を丈夫できれいにするためにフッ素を塗布します。
    フッ素の塗布
【PMTC Q&A】
  • 痛みはありますか?
    歯の清掃用の柔らかいゴムのカップや特殊なブラシを使って歯面を清掃しますので、痛みも不快感もほとんどありません。むしろ終わった後に爽快感を得られる方もいらっしゃいます。

  • 歯を削るのですか?
    歯の表面に付着した汚れを落とすだけなので、歯は削りません。また歯が傷つくこともありません。

  • 何回ぐらいかかりますか?
    お口の中の状況にもよりますが、通常1〜2回です。時間は30分から1時間程度です。

  • 定期的に行うのですか?
    毎日の適切な歯磨きと定期的にPMTCを行うことで、より健康な歯が維持できます。
    PMTCの間隔は歯や歯ぐきの強さ、細菌の状態、歯の汚れ具合などによって異なりますが、毎月もしくは2〜3か月の間隔で行います。

  • 虫歯等の治療をしてある歯や、また入れ歯やインプラントをしていても大丈夫ですか?
    虫歯の治療をしてある歯も汚れは付着しますので、PMTCは有効です。
    PMTCによって詰め物や被せ物が傷つくこともありません。
    入れ歯やインプラントへの影響もありませんし、残っている歯が健全になりますので、入れ歯やインプラントの長期安定にもなります。

  • 白い歯になりますか?
    歯面の汚れを取り除き、ヤニや茶シブ等の着色を落とし、光沢のある本来の歯面に回復することができますが、ホワイトニングと違い自分本来の白さ以上になることはありません。

  • PMTCは誰が行うのですか?
    歯科衛生士(国家試験資格)が、歯科医師の指導管理のもとに行います。

  • 年齢に制限はありますか?
    治療が可能な幼児から、歯があれば高齢者まで行うことができます。

▲ このページのTOPへ