ホーム > 治療内容
ピックアップ 歯を失ってお困りの方に あなたの歯と歯肉は健康ですか?
 ・ 一般歯科
虫歯の進行と症状
 ・ 補綴
 ・ 小児歯科
 ・ インプラント
 ・ 審美歯科
 ・ ホワイトニング
 ・ バネなし義歯
 ・ 矯正歯科
 ・ PMTC
 ・ 予防歯科
 ・ フッ素塗布
 ・ 口腔外科
親知らずについて
 ・ 歯周病治療
 ・ 根の治療
 ・ 知覚過敏
 ・ 歯軋り
 ・ 口臭

ホワイトニング

ホワイトニングとは、歯の色が加齢、生活習慣、遺伝などが原因で黄ばんだ歯を、薬の力で白く漂白する方法です。ホワイトニングの方法には、2種類あります。

【オフィスホワイトニング】
(病院にて歯科医師・歯科衛生士が行う方法)


高濃度の薬剤を歯面に塗布し、光を照射する事により白くする方法です。
当クリニックでは、通常3回を1セットで行いますが、1回からまたは1本から行う事もできます。
治療の手順
  1. 術前の写真撮影
  2. 歯面清掃
  3. 歯肉保護材の貼付
    歯肉保護材の貼付 歯の周りの青い部分が保護材です 歯の周りの青い部分が保護材です
  4. ホワイトニング薬剤の塗布
    歯面の赤く見えるのが薬剤です 歯面の赤く見えるのが薬剤です
  5. プラズマアーク光の照射
    青い光がプラズマアーク光 青い光がプラズマアーク光
  6. 薬剤の除去
    光照射後、赤い薬剤が白っぽくなります 光照射後、赤い薬剤が白っぽくなります
  7. 4〜6を、あと2回(合計3回)行う
  8. 最終歯面清掃
  9. フッ素塗布
  10. 2〜9を、週1回、3週間行う
  11. 術後の写真撮影(最終ホワイトニングの1週間後に)
本数によりますが、1回の治療時間は1時間程度です。
治療症例
前歯1本を行った症例
前歯1本を行った症例(治療前) 前歯1本を行った症例(治療後)
前歯6本を行った症例
前歯6本を行った症例(治療前) 前歯6本を行った症例(治療後)

【ホームブリーチング】
(自宅でご自身により薬剤を塗布する方法)


低濃度の薬剤を歯科医院で作成したマウスピースに塗布し、ご自身で装着し2時間程度行います。漂白作用が非常にゆっくりなので、継続して通常2〜3週間使用します。
治療の手順
治療手順イラスト
クリックして拡大できます
マウストレーの作製
マウストレーの作製
マウストレーへの薬剤注入
薬剤の注入

▲ このページのTOPへ