ホーム > 治療内容
ピックアップ 歯を失ってお困りの方に あなたの歯と歯肉は健康ですか?
 ・ 一般歯科
虫歯の進行と症状
 ・ 補綴
 ・ 小児歯科
 ・ インプラント
 ・ 審美歯科
 ・ ホワイトニング
 ・ バネなし義歯
 ・ 矯正歯科
 ・ PMTC
 ・ 予防歯科
 ・ フッ素塗布
 ・ 口腔外科
親知らずについて
 ・ 歯周病治療
 ・ 根の治療
 ・ 知覚過敏
 ・ 歯軋り
 ・ 口臭

小児歯科

当クリニックでは、歯科治療が初めてのお子様や他院でイヤな思いをしてしまったお子様でもスムーズに治療ができます。決して押さえつけるような強制的な治療は行いません。
虫歯が多数ある場合には特に最初にイヤな思いをさせてしまいますと、次回から全く治療ができなくなってしまいます。そうなると次の治療ができるようになるまでに半年から一年ぐらいかかり、その間に虫歯がかなり進行してしまいます。 
そのために当クリニックではトレーニングシステムを導入しております。どんなに嫌がるお子様でも通常3〜4回トレーニングシステムを行うことで治療ができるようになります。
当クリニックに来院するお子様は、皆さん笑顔でお口を開いてくれます
虫歯の無いお子様は、何も無くても2〜3か月毎にフッ素塗布や検診をお勧め致します。 
定期的に来院する事によりクリニックの雰囲気にも慣れてきます。いざ虫歯が出来てしまったときでもスムーズに治療ができるようになります。

【トレーニングシステムとは】
  1. 女性スタッフ(歯科衛生士)による器具・器材の説明を遊び感覚で始めていきます。
  2. 診療用椅子(チェアー)の背もたれを倒し、横に寝転んでお口の中に入れてみます。
  3. 実際にお口の中で器具を動かしてみます。最初は10秒間できるのが目標です。
  4. ここまではお子様の状態に応じて、最初はお母様も診療室に入って見ていてもらいますが、お母様がいなくてもできるようになるのが目標です。
  5. お口の中でできる時間が長くなるようにしていきます。
  6. 歯科医師によるお口の中での器具の操作ができるようにします。
  7. 次回から本治療になります。
*注 3歳未満のお子様はトレーニング回数が多くなります。まだ認識・理解力が不足しているため。
仮に治療がなかなかできなくても、月に1回もしくは2か月に1回ぐらいのペースでも来院して頂けるとお子様は徐々に慣れてくるようになります。
もし長期化しそうな場合には、進行止めのお薬を塗布しておくこともあります。

【フッ素塗布について】
フッ素を塗る事により歯の耐酸性が良くなり虫歯になりにくくなります。子供だけではなく大人にも有効です。しかし過信は禁物で、歯磨きが不十分では虫歯になります。
当クリニックでは、歯の主成分であるミネラル(カルシウム・リン)を含んだペーストと、これらを効率よく取り込む作用があり歯を強くするフッ素のペーストを塗布しています。1〜3か月に1回来院していただき、歯のクリーニグを行った後にフッ素塗布を行います。またお子様の治療の最終回には、フッ素塗布を行っています。
定期的に来院して検診を兼ねて塗布する事も重要ですが、ミネラル(カルシウム・リン)を含んだペーストとフッ素入り歯磨剤は販売もしておりますので、ご購入していただき毎日使用することがより効果的です。

小児の診療風景
小児の診療風景-1 小児の診療風景-2

▲ このページのTOPへ