ホーム > 治療内容
ピックアップ 歯を失ってお困りの方に あなたの歯と歯肉は健康ですか?
 ・ 一般歯科
虫歯の進行と症状
 ・ 補綴
 ・ 小児歯科
 ・ インプラント
 ・ 審美歯科
 ・ ホワイトニング
 ・ バネなし義歯
 ・ 矯正歯科
 ・ PMTC
 ・ 予防歯科
 ・ フッ素塗布
 ・ 口腔外科
親知らずについて
 ・ 歯周病治療
 ・ 根の治療
 ・ 知覚過敏
 ・ 歯軋り
 ・ 口臭

一般歯科

抜かない、削らない。できるだけ抜かず、そしてあまり削らないですむような方法を選択し治療します。
MI(Minimum Intervention 最小の侵襲)の理念のもとに、小さな虫歯で従来は金属の詰め物になってしまった歯も、最小限の削り方を行い光重合型レジン(白い詰め物)で目立たないように治療しています。

虫歯の進行と症状

【歯の構造】
図のように、歯はエナメル質・象牙質・セメント質・歯髄(神経・血管)からできています。歯を支える部分を歯周組織といい、歯根膜・歯槽骨・歯肉があります。
歯の構造
歯の構造
【虫歯の進行について】(その状態・症状と治療法)
虫歯の進行の程度を表し方として、現在では C0〜C4 までの5段階あります。

■ C0 要注意・観察歯
虫歯の進行C0
状態・症状 歯の表面が白濁・白班や茶色くなってざらざらした感じになってきます。
まだ虫歯にはなっていないが、今後進行する場合があるので注意が必要です。
治療法 特に治療の必要はありませんが、きちんとした歯磨きとフッ素塗布またはフッ素入り歯磨き粉の使用が望ましいです。
■ C1 初期虫歯
虫歯の進行C1
状態・症状 エナメル質内にある虫歯です。痛み等の自覚症状はほとんどありません。
治療法 虫歯の部分を除去し、光重合型コンポジットレジン(歯の色をしたプラスチック系のもの)を詰めます。
■ C2 軽度虫歯
虫歯の進行C2
状態・症状 象牙質にまで虫歯が進行している状態です。甘い物や冷たい物がズキンと凍みるようになります。
治療法 深さや広さに応じて、光重合型コンポジットレジンか金属の詰め物をします。
■ C3 中等度虫歯
虫歯の進行C3
状態・症状 歯髄(歯の神経)まで虫歯が進行した状態です。ズキズキと非常に強い痛みや噛んだ時にも痛む場合があります。また歯髄(歯の神経)が死んでしまい、膿が溜まって痛みを出す場合もあります。
治療法 歯髄(歯の神経)を取る治療や膿をきれいにする治療をします。(根の治療)
■ C4 重度虫歯
虫歯の進行C4
状態・症状 歯の頭の部分が無くなり、根っこだけの状態です。膿が溜まっている場合が多いです。歯茎が腫れる場合もあります。
治療法 残っている歯の部分が多ければ、根の治療を行い被せる事が可能となりますが、抜かなければならないケースが多いです。

▲ このページのTOPへ