ホーム > クリニック紹介

院長あいさつ

「健康な体は、丈夫な歯から」人間は生きていく上で食事をして栄養を摂らなければなりません。そのためには、食べ物の入り口であるお口、すなわち歯がしっかりしていなくてはなりません。お口は第一番目の消化器官でもあり、よく噛むことにより食べ物を細かくし、唾液とよく混ぜ合わせることにより消化が始まります。食べ物を丸飲みしていれば、胃での消化に負担がかかってしまうのです。
また野生の動物(特に肉食動物)の世界には歯科治療がありません。すなわち歯がダメになると獲物を捕ることができませんし、食べることもできません。結果的に野生の動物は死んでしまうのです。しかし人間界には歯科治療がありますので、治して食事ができ長生きできるのです。
その為に皆様の歯を、末永く使えるように治療をさせていただいております。そしてかかりつけ歯科医としても末永くお付き合いできますよう努力しております。
歯を失わない(ダメにしない)ためには、虫歯や歯周病の早期発見・治療が大切です。そのためには定期的に検診・汚れの除去を行い、予防していく事をお勧めしております。
院長 佐藤義則

▲ このページのTOPへ